HOME < ワークスタイル < ワイヤレス機器を使いこなして脱ノートパソコン

ワイヤレス機器を使いこなして脱ノートパソコン

ワイヤレス機器
Bluetooth機器を活用してタブレットやスマートフォンにさらなる便利さを追加しましょう。使い慣れたハードウェア入力であれば、きっと今までと同じように操作が可能です。


まだまだノートパソコンには敵わない?

スマートフォンやタブレットが注目される昨今ですが、未だノートパソコンの需要はなくなりません。マシンパワーがまだまだ追いつかないことや、OSの問題で利用したいソフトが使えないことなどが主な理由として挙げられます。

また、その中のひとつに、ハードウェア入力デバイスの有無も加えることができます。やはり高速なタイピングや、正確な操作を求めるのであればハードウェアキーボードやマウスの存在というのは欠かせません。タッチパネルを用いた端末の場合、どうしてもこの部分が劣るため、乗り換えに躊躇してしまう、という方も多いのではないでしょうか?

ワイヤレスキーボードでどこでもオフィス環境を

入力に限って言えば、Bluetoothキーボードを利用することで解決が可能です。タブレットとワイヤレスで接続できるため、カフェなどでさっと取り出し、ミニマムなオフィス環境を再現することができます。もちろんスマートフォンにも接続可能なため、タッチパネルでの入力では難しい、少し重めのメール返信なども快適に行うことができます。

しかしフルサイズのキーボードを持ち運ぶのでは携帯性が失われてしまいます。それこそノートパソコンを持ち歩いた方が効率的でしょう。そのため、モバイル用途のBluetoothキーボードは小型のものを選ぶのが大切です。

最近では非常に軽量で小さなキーボードも多数発売されています。キーピッチが気になる方は、折り畳み式のものを選ぶことで、フルキーボードに近い操作性を得ることができるでしょう。また、Excelの操作には欠かせないテンキーもBluetoothのものが発売されています。用途に合わせてお選びください。

マウスやスタイラスで正確な操作性を実現

Bluetoothマウスの人気も最近では高くなっています。とくにWindowsタブレットを操作する場合には、小さい画面を指先で操作するのは難しくなるので、ひとつ用意しておくのが良いかも知れません。

また、スタイラスペンという方法もおすすめです。マウスはやはり携帯するには少し大きいので、持ち運ぶものはできるだけ軽くしたいという場合には最適です。そもそもタッチパネルはタッチしてこそ真価を発揮するもの。細かい操作が可能なスタイラスペンは、最初の内こそ慣れが必要ですが、使いこなせばとても役に立つアイテムとなるでしょう。

ビジネスという観点で言えば、まだまだノートパソコンに大きなメリットがあるモバイルデバイスですが、周辺機器を活用することでかなり差は縮めることができます。これからタブレットやスマートフォンのご購入を検討されている方は、併せてご用意されると良いでしょう。