HOME < タブレット < 8インチタブレットが加速させるWindows8の利便性

8インチタブレットが加速させるWindows8の利便性

Windows8
「Windows8はダメだ」という声をいろいろな方面から耳にされている方も多いでしょう。実際、XPやVista、7に慣れ親しんだ方々からすると、操作性があまりに違うことから敬遠してしまうのも納得です。ですが、MicrosoftによるXPのサポートが終了し、買い換えの必要性に迫られる今、ほんとうに8が使えないのかどうかについて考えてみましょう。





変わりすぎ!?Windows8は使いづらい

Windows8の最大の特徴はユーザーインターフェイスの変更にあります。スタートメニューが一新され、デスクトップはその中の一部として再デザインされました。見慣れたデスクトップにアクセスするのに1アクション必要というのは確かに煩わしく、スタートメニューが左下にないというのも、長くWindowsを利用してきたユーザーにとっては不便でしょう。

しかし、Microsoftはこうした声に応えるべく、Windows8.1 Updateから直接デスクトップにアクセスできる機能を追加しました。また、左下にはWindowsマークが復活。(結局はスタート画面が全面に出るだけなので解決にはなっていませんが・・・)少しずつではありますが、ユーザビリティーの改善に努めています。



8インチタブレットが示唆するOSの未来

そもそもここまでデザイン変更をしたのには理由があります。それはタブレットに適したOSを作り上げるためでした。その答えとなるのが、2013年の冬頃から出始めた8インチタブレットの存在です。

「こんなに小さなデバイスでWindowsが動くだなんて・・・」8インチのWindowsタブレットを手にしたユーザーの多くが、その小型デバイスの存在に感動を覚えました。Ultrabookやネットブックといった、軽量・小型ノートパソコンは今までも存在していましたが、ここまで小さく、さらに完成度の高いデバイスは他にありませんでした。

片手で持てて、さらにWindowsの全機能が利用できるタブレット。ここでようやく、Windows8のユーザーインターフェイスは真価を発揮します。軽作業時にはタッチパネルとスクリーンキーボードで。本格的な作業をする際はキーボードとマウスを接続しデスクトップのように。

使い方次第でWindows8はさらに便利になるということを体現した8インチWindowsタブレットは、今後さらにファンを増やし、スタンダードな位置を確立していくことでしょう。

Windows8はまだまだ発展途上のOSかも知れません。しかし、8インチタブレットの登場で少しずつその存在価値を高めていると言えます。今後の展開に期待です。