HOME < スマホを活かせ!快適生活への道 < 海外メーカー品ってどう?安くて高性能なのは本当なのか

海外メーカー品ってどう?安くて高性能なのは本当なのか

海外メーカー品
日本メーカー製のパソコンやタブレットというのは、どれも高性能で高耐久なものが多く、安心して使えるのが大きなメリットですね。ですが、その分価格も高くなっており、初めて購入するデジタル機器としては敷居が高いかもしれません。

となると、海外メーカー製のパソコンも視野に入れてみましょう。日本製のほうがなんとなく安心できるのもわかりますが、海外製も相応の利点がありますので、せめて特徴くらいは知っておきたいところです。


海外のパソコンメーカーとして有名な会社といえば?

海外のパソコンを作っているメーカーというのは、どこを想像しますか?家電製品店などにいけばいろんなメーカーのパソコンが置かれているものの、会社のロゴを見ても「これって国内なのか海外なのかわからない…」という人は多いです。

良く見かける名前を挙げておくとしたら、『DELL』や『ASUS』、『Acer』と『HP(ヒューレットパッカード)』はどこでも置いていると思います。これらは全て、海外メーカーなのです。

そういった視点で見てみると、予想以上に海外製のパソコンが多いのに気付くでしょう。もちろんここは日本なので日本メーカー製も多いのですが、そうした日本製と比べると、海外製にはどんな特徴があるのでしょうか?

価格の割には性能も良い?海外製パソコン一番の利点

海外製パソコンの一番の利点は、その値段でしょう。海外メーカーは昔から、低価格でそこそこ優れた性能のマシンを提供しており、評価も実績も十分だといえますね。

「海外製は安いから、性能が低くてネットで検索するのでも精一杯でしょ?」と思い込まれやすいですが、それは違います。値段の割には高性能なのも特徴の一つで、文字入力やメールチェック、ブラウジングなら全く問題はありません。

また、家電量販店の場合、ノートパソコンをメインに販売しているのも特徴です。国産品と比べてノートのほうがデスクトップよりも価格差が大きい場合が多いので、より価格面の特徴が際立つでしょう。

なぜ性能の割にお安い値段なのか?

海外製パソコンがなぜ安いのかといえば、『ハイエンドパソコンほど性能が高いわけではない』ことに加えて、『無駄なソフトもほとんど入れていない』という点が関係しています。

特に無駄なソフトが少ないというのは、使わないソフトも多めに入れている日本製パソコンにうんざりしているなら、安いだけでなく使いやすさの面でも利点になっています。

最近は日本メーカーもそうした問題点に目を向けていますが、海外製のパソコンは潔いほどすっきりしており、そうした信頼性から海外メーカーを優先する人もいるくらいなのです。

ただ、入っているソフトが少ないということは、Officeソフトのような必須アプリすらもない場合が多いです。日本製は大体Officeを標準搭載しているので、自分が使うソフトの兼ね合いに注意しておきましょう。

値段は安くても注意すべきこともいくつかあります

これからパソコンを使っていく上で、中高年の人なら特に「そこまで色々ソフトがあっても使わないから、安いほうが良いかな」と考える方が多いので、海外製パソコンがおすすめでしょう。

ただ、海外メーカーの製品だと、国内サポートが貧弱という注意点もあります。それに、日本製パソコンのほうが故障も少ないと考えると、サポート体制がイマイチなのは、初心者にとっては不安かもしれません。 そうした面も考慮して、自分が用意できる金額をチェックしておき、購入するパソコンをしっかり検討してくださいね。