HOME < ワークスタイル < MicrosoftOfficeがない時はどうする?

MicrosoftOfficeがない時はどうする?

MicrosoftOffice
最近ではMicrosoftOfficeがプリインストールされていないパソコンも多くなってきました。しかし、Officeがなくては仕事ができないのは事実。そこで、安く手に入る互換ソフトの価格や使用方法などについて解説してみます。


仕事をする上で欠かせないソフト

ビジネスマンの必須ツールと言えば、MicrosoftOfficeでしょう。文章作成にはWord、表計算にExcel。そしてプレゼンテーションを行うためのPowerPoint。その他にもメールソフトやデータベースソフトなど、さまざまなものが各エディションにより付属します。

会社間同士でデータのやり取りを行う場合、今はこのOfficeが標準的なデータ形式となっており、ある意味ではOfficeがないと仕事にならない、とまで言われています。

一昔前までは、パソコンを購入するとOfficeはほぼ必ず付属するものでした。しかし、最近では海外メーカーが国内市場に参入し、Officeがバンドルされないケースも多々見受けられます。この場合、Officeを別途購入しなくてはいけないのですが、実はこのソフト、意外に高価であることをご存じでしょうか?

MicrosoftOfficeはとにかく高い!互換ソフトは?

販売店や時期などにも左右されますが、Officeの価格はもっとも低機能なPersonalで25000円程度。最上位版のprofessionalだと、なんと40000万円を軽く超えてしまいます。新品のノートパソコンが3万円台で購入できるこの時代に、ソフトに4万円というのは少し考えにくいでしょう。そのため、互換ソフトというものが登場しました。

最も有名なOffice互換ソフトといえばやはりKingSoft Officeでしょう。Word、Excel、PowerPointといった基本ソフトが入ってお値段なんと4000円程度。マクロ・VBAの使用が可能なエディションでも、5000円程度で購入か可能です。(ダウンロード版価格)

ですがあくまで互換ソフトであることを忘れてはいけません。特に日本語の場合は、レイアウトの崩れが発生することはもちろん、マクロ・VBAや関数が対応しきれていない可能性も大いにあります。

使い方次第では互換ソフトでも十分

「じゃあOffice互換ソフトは使えないの?」というと、実際にはそうではありません。ちょっとしたファイルの作成・編集であれば十分使えるレベルと言えます。仕事でなく、家庭内用と割り切ればまったく問題ないでしょう。

KingSoft以外にも、無料で使えるOpenOfficeやLibreOfficeといったものもあります。これらを上手に使い分ければ、高価なMicrosoftOfficeを購入せずに、書類作成を行うことができるでしょう。

MicrosoftOfficeビジネスマンにとっては必須のツールであることは間違いありません。しかし、用途によっては互換ソフトを利用することで、ソフト代を節約することができると言えるでしょう。