HOME < PC活用術 < 自宅PCの上手な利用法

自宅PCの上手な利用法

自宅PCの上手な利用法
どんなパソコンでも、壊れていないのに捨ててしまうのはよくありません。
使える場所を見つけてあげれば、古くても十分役に立ちます。
ここでは一例をご紹介します。




パソコンはお荷物?

タブレットやスマホの登場で、いつしかパソコンが家庭内のお荷物になってしまった、なんてことも多いはず。大きい、重い、遅いなど、ネガティブな印象が目立ってしまう古いパソコンですが、しっかりと活用すればモバイルデバイスに負けない素晴らしいエンターテインメントプレイヤーとなりえます。ポテンシャルを活かすのはあなた次第です。

メディアプレイヤーとして

最近のネットブックやUltrabookといったノートパソコンの場合には付いていないこともありますが、ほとんどのデスクトップにはCDやDVDを読み込むことが出来るドライブが搭載されています。これを利用すれば購入したりレンタルしたりした映画や音楽をパソコンで楽しむことができます。

「そんなことは知っている」と思うでしょうが、ここからがパソコンの便利なところです。最近のモデルであれば、HDMIという映像・音声出力端子が搭載されています。お使いの大画面テレビにもHDMIが付いていれば、これを接続することで、パソコンのモニター代わりになります。

最近はプレイヤーにハードディスクが内蔵されているものが多く、録画も行えます。この機能、パソコンでまかなってしまいませんか?パソコン用の内蔵、外付けの地デジチューナーが各メーカーから発売されています。購入することで、パソコンがハードディクスプレイヤーに早変わりというわけです。

ネット動画も大画面で

今や映画もインターネットで視聴できる時代となりました。動画配信サービスで料金を払えば、期間中は何度も見返すことが出来ます。お店に返しに行く手間も省けますし、延滞のリスクもありません。

ネット動画はパソコンの小さなディスプレイで楽しむのが普通だと思っていませんでしたか?こうした使い方をすれば、家族みんなで動画を楽しむことが出来ます。

パソコンは仕事に使う以外にもさまざまな利用方があります。古いからといって、すぐに捨ててしまうのはもったいないですよね?自宅で活用できるようなら、是非利用してみましょう。