HOME < デジタルツールの疑問を検証! < 変化のないMacBookの買い時はいつ?

変化のないMacBookの買い時はいつ?

MacBook
Macユーザーの方多くが近年、まったく大きなモデルチェンジがされないMacBookシリーズの買い時について悩んでいるのではないでしょうか?もちろん、細かいスペック面では毎年進化し続けていますが、基本的なデザインなどについては、常にモデルチェンジが噂されながら、実際にはほとんど変化しないまま、もうかなりの期間が経過してしまいました。

そこで、ここでは長年MacBookを使い続けてきた筆者の視点から、買い時はいつなのかについて考えてみたいと思います。


結局、MacBookは欲しい時が買い時でOK?

まず、結論から言ってしまいましょう。MacBookに関しては「欲しい時が買い時」と考えて良いでしょう。 その理由として、当面の間MacBookシリーズの主力であるAirとProは大きなアップデートが行われることがない、と予想されるからです。

AirとProの2機種は現在のデザインにアップデートされてから、2016年の時点でもう10年近くになります。そう考えると、そろそろ大きなモデルチェンジがあるのでは?と考える方も多いでしょう。 しかし、筆者はまだまだ大規模モデルチェンジは先のことだと考えています。なぜなら、現在のモデルが売れ続けているからです。

売れているものをわざわざアップデートする必要はないのです。 こう言ってしまうと、大ヒットしているiPhoneは毎年大きなモデルチェンジをしているのになぜ?と思われる方が多いかもしれません。 確かに、iPhoneは非常に人気の高いスマホとして知られていますが、実は常に売れ続けているわけではありません。新型モデルが発売した直後は、品薄になってしまうほどに爆発的に売れます。特に日本ではちょっとしたお祭り騒ぎになってしまうほどです。しかし、発売から一定の期間が過ぎると、一気に売れなくなってしまうのです。

その最大の理由は、2度続けて同じスマホを購入する人はほとんどいないからです。近年では1〜2年ごとにスマホを買い換えてしまう方が多数派となっています。そんな買い換えのタイミングで、大きなモデルチェンジが行われていなかったらどうでしょう?また同じスマホを購入するでしょうか?

よほど思い入れでもないかぎり、他の機種を選ぶことになるでしょう。もともと、iPhoneはそれほどバリエーションが多いわけではありませんので、別のメーカーにシェアを奪われてしまうことになるのです。 iOSとAndroid、WindowsといったOSの違いはあっても、スマホの場合はそこまでOSにこだわるユーザーの比率は高くないため、他社製品にユーザーを奪われやすいのです。

それに対して、パソコンの場合はスペック面でのアップデートさえされていれば、買い換えの際に同じモデルを購入する方も少なくありません。特に、Macユーザーの場合、選択肢が他にありませんのでデザイン的に大きくアップデートされていなくても、購入せざるを得ません。デザインが変わっていないからと言って、パソコンの場合は別のOSにわざわざ乗り換えるユーザーはほとんどいません。

実際に筆者は、MacBookAirを2009年、2011年、2014年に、そしてMacBookProを2012年、2016年に購入しています。それ以前もほとんどデザインの変わらないPowerBookシリーズを何度も購入してきました。もちろん、スペックは進歩していますが、デザイン的にはほぼ変更されていない、見た目上は同じノートパソコンを何度も購入しました。多くのMacユーザーがこのような道を辿っているのではないでしょうか?

なので、Appleは安定して売れ続けているMacBookシリーズを大きくアップデートする必要がないのです。 だからこそ、MacBookは「欲しい時が買い時」と言えるでしょう。