HOME < デジタルツールの疑問を検証! < 激安SIMフリースマホは使える?

激安SIMフリースマホは使える?

激安SIMフリースマホ
まだ世間に登場したばかりの頃、スマートフォンはかなり高価なものでした。ほとんどの方がキャリアの割引や分割支払いなどの利用して購入していたのではないでしょうか?筆者もその一人でした。SIMフリー端末を購入するとなると、人気モデルの場合10万円を超えることも珍しくありませんでしたので、とても購入する気にはなれませんでした。

しかし、スマホが現代人の必須アイテムと呼ばれるほどに普及が進みました。その影響もあり、価格はどんどん下落しています。 中にはSIMフリーモデルで1万円以下で購入できるものも少なくありません。 では、こういった激安スマホは本当に「使える」のでしょうか?筆者が実際に検証してみました。


8000円代の激安スマホは本当に「使える」?

今回、筆者が購入したスマホはとあるショップで税込8900円で販売されていた激安スマホです。有名アジアメーカー製のもので、OSはアンドロイド4.4です。 CPUは格安スマホでよく見かける省電力タイプで、メモリは2GBです

このスマホと格安SIMとの組み合わせでしばらく使用してみました。 正直に言ってしまうと、最新のスマホに慣れている方であればかなりストレスを感じてしまうかもしれません。

ディスプレイの品質については価格を考えれば仕方ないかもしれませんが、何よりも不満だったのがレスポンスの遅さです。スマホならではのサクサクした操作感がまるでないのです。 また、アプリの立ち上がりも遅く、ようやく立ち上がったと思ったらすぐに落ちてしまう、なんてことも珍しくありません。

そして、なによりも困ったのが頻繁にフリーズしてしまうという点です。少し重いアプリを使おうとすると、すぐにフリーズし、操作不能になってしまいました。 メモリ解放アプリなどを頻繁に使用しても、すぐに動作が重くなってしまいます。

こういった点から、ヘヴィユーザーには向かないようです。もちろん、ちょっとしたネットサーフィンや電話やメール、LINE程度であれば問題なく使用できます。アプリに関しても、軽めのニュースアプリなどであれば動作に問題はありませんでした。

ですので、あまりスマホを使用する予定のない方や、サブ機としての運用が限界かもしれません。

それでもこの価格は魅力的

実は、この端末を2ヶ月ほど使用し、改めてこの記事を書くために販売サイトをチェックしてみるとなんと価格が6700円まで下がっていました。 この価格で、用途によって十分に「使える」スマホが購入できると考えると、かなり魅力的です。

スマホは常に進化し続けていますので、あと数年もすればよりハイスペックなモデルをより安く購入できるようになることでしょう。 できるだけコストを抑えながらデジタルツールを使用したいと考えているのであれば、最新モデルを追い続けるのではなく、どんどんハイクオリティになってゆく激安スマホをチェックしてみてはいかがでしょうか?

このように、激安スマホで十分に満足することができたわけではありません。しかし、贅沢を言わなければ十分に「使える」レベルのものです。

少しおかしな例えかもしれませんが、医薬品の世界にもジェネリック医薬品というものが登場しています。ED治療薬のバイアグラなどにも登場し、話題になったのでご存知の方も多いでしょう。これらは価格が安いからといって、効果がないわけではありません。それと同じことかもしれません。

スマートフォンは高価、というイメージを抱いている方は、一度チェックしてみてはいかがでしょう?この価格は、本当に魅力的です。