HOME < アプリを制す < いつでもデータを雲に乗せて

いつでもデータを雲に乗せて

クラウド


最近流行のクラウドですが、一体何なのだろう、とわからない人も多いかと思います。名前だけを聞くと、空に浮かぶ雲のようなものかな?と思ってしまいますよね?実は、ほぼそれで正解です。クラウドとはネット上に浮かぶ雲のようなものと言えます。


ストレージはWebで同期させよう

クラウドコンピューティングは、ユーザーである我々がオンラインにいることで、さまざまなサービスを、ネットを介して受けられるものです。普通にブラウジングなどをしている分には、私たちに気づかないうちに使われているテクノロジーなので、必要以上に詳しくなる必要はありません。今回紹介するのは、その中でもデータを取り扱うクラウドストレージサービスについてです。

クラウドストレージサービスには、様々なものがありますが、ここでは人気のある3つについて解説をしていきます。

・Dropbox
クラウドストレージサービスを世に知らしめた功労者とも言えるDropBoxは、オシャレで可愛く、なおかつ直感手でシンプルなUIが人気の秘訣です。アカウントを取得し、パソコンやモバイルデバイスにアプリをインストールすれば、自動的に任意のフォルダが同期されるという仕組みです。
ローカルフォルダを扱う感覚で操作出来る点が特徴であり、優秀な点であると言えます。オンラインストレージについて知識がなかったとしても手軽に使えることから、広く世に普及しました。

・Evernote
DropBoxがデータを蓄積する場所だとしたら、Evernoteはすべてのメモをとるオンライン手帳であると言えます。Webクリップという機能が非常に革新的で、これを使うと自分がみていて気になったページがあればそれをEvernoteへメモしておくことができます。
また、新規のページを作成し、一からメモを取っていくことも可能です。パソコンやモバイルで自分の記録したものがすべて同期されているのは非常に便利と言えます。

・GoogleDrive
DropBoxとEvernote、どちらの機能も併せ持ち、なおかつ書類作成までこなせてしまうのがGoogleDriveです。データやメモの同期はDropBox同様、ローカルフォルダのように扱うことが出来ますので、非常に便利です。
書類作成に関しては、オンライン上でファイルの共有相手と一緒に編集が出来ると言った機能までついています。MicrosoftOfficeとの互換性もあるので、使い方によってはビジネスでおおいに役立つでしょう。

オンライン上にあるクラウドサービスを利用すれば、さまざまな仕事や作業の効率が上がります。いまどき、ちょっとしたデータを持ち運ぶのはスマートではありません。すべてをローカルからオンラインに移していきましょう!