HOME < アプリを制するものは時代を制す < 今や利用率はメール以上!?チャットアプリで最新のコミュニケーションを!

今や利用率はメール以上!?チャットアプリで最新のコミュニケーションを!

チャットアプリ
ガラケーが普及したことで、一般の人にもメールによるやり取りが爆発的に広まりました。今でも仕事でのやり取りならパソコンのメールがよく使われており、日々この処理に追われている人も多いでしょう。しかし、仕事以外だとどうでしょうか? スマートフォンの台頭に伴い、メールに変わる新しい連絡手段として利用者が増えたのが、『チャット』ですね。チャットの利点はたくさんありますが、一番は手軽なことです。軽めのコミュニケーションを取る際、チャットは今や必要不可欠なのかもしれません。


チャットはどんなアプリで行うの?

チャットの基本としては、『お互いが同じアプリを使っている必要がある』という点があります。メールならどんなサービスを使っていてもやり取りできますが、チャットの場合は,事前に使うアプリを打ち合わせておく必要があります。 そして日本で有名なチャットアプリといえば、『Skype』が思い浮かぶでしょう。これはあのMicrosoftが手がけているアプリなので、Officeソフトと並んでビジネスにも使われていることが多く、もちろん個人でも役立ちます。 その他はやはり『LINE』でしょう。こちらはパソコンよりもスマホからの利用が盛んで、若者を中心に利用者が激増しました。 利用者の多いチャットアプリを入れておけば、初対面の人が相手でも連絡先交換が楽ですね。

チャットアプリは手軽さが重要!軽く話せるその良さについて

チャットアプリの利点といえば、やはり『メール以上に手軽』なことでしょう。メールなら件名を入れたり送り先を指定したり、さらには複数のアドレスがあれば送信元も設定しないといけませんから、相手によっては一通送るだけでも大変ですよね? ですがチャットの場合、余計な情報は省かれており、送りたい相手を選んで文字を打てば終わりです。過去の会話ログも非常に見やすく、メールに比べて何もかもが楽になっているのです。 さらに、スタンプと呼ばれる機能を使うと、イラストだけを送ることもできます。これはちょっとした感情表現として使うのに便利で、より手軽さを強調する機能の一つとなっていますね。

アドレス交換も楽チン!わかりやすいIDの交換で終了です

また、チャットはお互い同じアプリを使ってさえいれば、簡単にアドレス交換が可能です。メールだと記号も含んだ長い文字列を記入しなくてはならず、打ち込むほうは面倒ですよね? でも、チャットアプリの場合はIDがアドレスとなり、そのIDも非常に簡単なものにできます。さらにスマホアプリの場合、無線通信などで近くの人と手軽にID交換できるので、初対面の人同士でもすぐにやり取りができるのです。

手軽さゆえの欠点も把握しておこう!

こうして見ると、チャットアプリというのはメールの上位互換に思えますが、一長一短というのが正しい認識です。手軽であるがゆえの欠点もあるので、使い分けが好ましいといえるでしょう。 まず、チャットは添付ファイルの融通が利きにくいです。特にスマホから送受信する場合、対応しているファイル形式が少ないため、ビジネスでは連絡程度にしか使えないでしょう。 それと同じアプリでないと連絡できないというのも、ガラケーの人からすれば欠点ですね。こうした事情がある限り、メールが完全に不要とはなりませんから、相手や状況で使い分けてください。